« 桜~千鳥ヶ淵~ | トップページ | 初春の九州~長崎観光~世界三大夜景 »

2013年3月24日 (日)

初春の九州~長崎観光~亀山社中と眼鏡橋

平和公園をあとにし、「亀山社中」へ向かいました。

P1070381_2

マップによるとバス停から歩くルートもあるようでしたが、路面電車の方がわかりやすいかと思い「新大工町」から歩くことに。

いたるところに看板があるので迷わず進めるんですが・・・

甘かったsign03

しょっぱなから、階段、しかもかなりの急勾配sweat01

途中、地元のご老人が「亀山社中ですか~?看板のとおり進めば着きますよ」と心優しいお言葉。すぐにでも着きそうな感じだったんですが、民家と民家の間に続く細い坂道、急勾配の階段を進めども進めども、たどり着かず・・・sweat02

弱音を吐くと、夫に叱られ、前に進むしかないとは、まさにこんな感じ。

どうにか「龍馬のぶーつ像」というところに来たので、もう少し。

やっと着きましたよっrun

P1070383_2

「老朽化した建物を専門家による詳細な調査の後、当時の雰囲気そのままに改修・復元し亀山社中記念館としてオープン」(「長崎さるく」より)とのこと。

展示物はレプリカが多く、建物にも、思ったほど大したことはなかったいうのが感想です。
でも、この坂道を歩いてきて、「龍馬達はよくここまで駆け上がってきたな」と感心感動できました。上った先に何も無いより、こういった記念館がある方が、歩きがいがありますよね。大河ドラマ「龍馬伝」でよく見たシーンが、まさにここで起こっていた、そう思うと感激です。史跡を訪れる感動って、こういうことですよね。

次は、「風頭公園」へ、さらに上って、上って、着きました。

P1070386_4
視線の先は、日本の未来か、まだ見ぬ海の向こうでしょうか。。。

「日本の夜明けは近いぜよ」
とは本当は言っていないらしいのですが、輝く明るい未来に向かうような景色でしたshine

P1070389_4

次に目指すは、「眼鏡橋」

山を下ればいいのよね~マップ片手に進むのですが、下りはあまり標識が無く、不安になりながらも民家の脇道をすり抜け進みます。

坂道途中で休憩中のお年寄りに尋ねると、「こっちの方が歩きやすいし楽ですよ。リハビリセンターのとこに出ますから」とのこと。マップによると確かに「長崎リハビリテーション病院」があるからこっちでOKねhappy01

でもでも、くだりもやっぱり大変でした
進んだ道は、墓地の中・・・山の斜面全部が墓地で、しかもかなりの年代物。
朽ちかけた階段は、注意深く進まないと怖いほどsweat01

迷い込んでしまい申し訳なかったのですが、「大音寺」というお寺を通ってしまったようです。

でもお年寄りのお話のとおり無事リハビリセンターに出られて、「眼鏡橋」にも行けました。
(ルートとしては大正解だったみたいです。)

P1070393_3

|

« 桜~千鳥ヶ淵~ | トップページ | 初春の九州~長崎観光~世界三大夜景 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172939/57009667

この記事へのトラックバック一覧です: 初春の九州~長崎観光~亀山社中と眼鏡橋:

« 桜~千鳥ヶ淵~ | トップページ | 初春の九州~長崎観光~世界三大夜景 »