« 牛乳かん | トップページ | グリーンカレー チャーハン »

2009年5月18日 (月)

フィッシュヘッド・カレー

夏に近づくと、とたんにスパイシーなお料理への欲求が高まります!

週末は、辛いメニューでした♪

Tama_b_090518_01

タイのあらがあったので、シンガポール料理のひとつ「フィッシュヘッド・カレー」に。
まさに、魚の頭を煮込んだとっても辛いカレーです。

たいぶ昔のシンガポール、経済的に苦しかったインド系移民が安価な魚の頭を使って、カレーを作ったのが発祥という説もあるこのメニュー、インド料理でもあり、ペラナカン料理でもあります。

いずれにしても、かなり辛いのが特徴的。
現地では、大きい土鍋でグツグツ煮込んだものがテーブルに運ばれてきます。

気候の暑さとの相乗効果で、大量発汗!でも、魚のあらの旨みがたっぷり出ているカレーは、辛いだけではありません。すごく美味しいオススメ料理。

日本からのお客様がいらした時、辛いものがお得意だったら必ずお連れしていました。

60歳を超えた両親が来星した時、この辛いカレーをモリモリ美味しそうに食べているのを見て、「この人たち、なんてガッツのあるんだろう~。。。食に対する興味がすごいわ」と感激(?)した覚えが。。。

週末のカレーは、少し辛さが足りなかったような気がするのが反省点。

魚のあらはちょっと食べにくいのが難点ですが、なかなか美味しく、夏の訪れが待ち遠しい気持ちになりました。

あとは、最近よく作るベトナム料理のサラダ(和え物)。

Tama_b_090518_02

細切りにしたお野菜、茹でた胸肉をナンプラー、お砂糖、レモン汁等で和えたもの。
昨年ベトナム料理教室で教えて頂いたレシピがもとです。

残り物のお野菜でできる、ホッとできる優しい甘酸っぱい、箸休めにピッタリなお味です。

|

« 牛乳かん | トップページ | グリーンカレー チャーハン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィッシュヘッド・カレー:

« 牛乳かん | トップページ | グリーンカレー チャーハン »