« 鎌倉文学館のバラまつり | トップページ | 展覧会@カフェ »

2008年5月26日 (月)

名もない雑貨・・・

今日は、夏の様な良いお天気ですね♪
収集がつかないで困っている、テーブルまわりの布製品を少し整理することにしました。

Tama_b_0700526_02

まずは広げてみると、懐かしいものや、「こんなものを買っていたのね。。。」と忘れていた物などなど。。。

いずれもそれほど高価な物はなく、名もないものばかりですが、中でも大切で、使えない物がこの写真のもの。
母が知人からもらったハギレを「可愛いから捨てられないのよ」と言って、パッチワークにした小さいマットと、コースター。
おそらく、アメリカのアンティークの生地だと思うのですが、生地が可愛いのはもちろん、その生地の組合せが良いのです♪

Tama_b_0700526_01

こちらは、刺し子のおふきん。祖母がリハビリで刺していたもの。
角がピッタリと合っていて、美しい幾何学模様になっています。もう作ってもらうことは出来ないから、これこそ使えないのです。

手作りの物は本当に良い味があります。
本気で、死ぬまで大切にしよう・・・と思う宝物です。

|

« 鎌倉文学館のバラまつり | トップページ | 展覧会@カフェ »

コメント

お祖母さまの刺し子のお布巾、素晴らしいですね。
戦後産まれの私たちには真似出来ない、凛とした雰囲気。。。
思わず背筋が伸びる思いです。
まさに手に入らない宝物。鎌倉彫のフレームに額装して
飾ってみたい雰囲気ですね。

投稿: HOT ORANGE | 2008年5月27日 (火) 00時02分

私には逆立ちしても出来ない代物、それを片手不自由なリハビリで作ってしまうという神業。
HotOrangeさんのおっしゃる通り、確かに「凛とした雰囲気」大げさにいうと、昔の日本人のまっすぐな気質を感じますね。額装するという方法もあるのですね、素敵なアイディアありがとうございます♪

投稿: tama | 2008年5月27日 (火) 21時58分

名も無い雑貨なんてとんでもない。。
立派にA家ブランドじゃないですか。。
手作りって、愛情いっぱい入った小物でしょ。
一はり一はりが、とても暖かく感じますよねえ。
祖母様とお母様の手作りの、偉大さ、すごさを心に強く感じる今日このごろって、私たちやはり年取った??
若いころはあまり、感じなかった気がするの(は、私だけ??)

大事に大事にしてください。
家宝ですよ。。

投稿: P | 2008年5月28日 (水) 12時56分

Pさん
「A家ブランド」なんてとんでもないけど・・・
確かに、子供の頃は手作りなんて、感謝の欠片も無かったけど、今は一はりに暖かさを感じますよね♪おっしゃる通り、年取ったのでしょう(笑)
私は何も作れないから、大切にしないとね♪家宝にしなくっちゃ!

投稿: tama | 2008年5月29日 (木) 17時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172939/41325996

この記事へのトラックバック一覧です: 名もない雑貨・・・:

« 鎌倉文学館のバラまつり | トップページ | 展覧会@カフェ »