« あっぷーがる | トップページ | リゾートでの過ごし方 »

2008年2月14日 (木)

バリからの荷物

今年のRAKの活動に備えて、バリに発注してあったオリジナル雑貨が届きました♪

Tama_b_080214

届いた箱は、バナナの繊維で出来ている物でした。
バリやタイでお買い物をしたことがある方は、目にしたことがあるのではないでしょうか。

捨てられてしまうバナナの茎や葉から作り出した紙で、包装紙や箱だけではなく、便箋・袋・ランプなどの小物から、芸術的作品までに使われているようです。
日本の和紙に似た風合いで、「エコ」と言うだけでなく、それ自体が生まれ変わった存在感のある懐かしい感触で、私のお気に入りです。
バリでのお買い物も、この紙に包まれて手渡されると、何倍も嬉しい気持ちになったものです。
仕入れているジェンガラの食器もこのバナナの紙に包まれて届いていましたが、ある日を境にわら半紙に変わり、ちょっとガッカリ。その理由を尋ねると、お値段が数倍に上がってしまったからとのこと!低コストには勝てず、近い将来プチプチに包まれて届く日が来るのでしょうか・・・。食器を取り扱っていると、プチプチや発泡スチロールは欠かせない、複雑な気持ちです。

パルプ生産の森林伐採抑制為に世界で捨てられるバナナの葉や茎を再利用しての紙の生産を研究している所もあるとか。
大好きなバナナの葉を作り続けてもらうためには、まずは身近な紙を大切にすることが第一歩なのかもしれません。

|

« あっぷーがる | トップページ | リゾートでの過ごし方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172939/40121764

この記事へのトラックバック一覧です: バリからの荷物:

« あっぷーがる | トップページ | リゾートでの過ごし方 »