自己紹介文

2000年、シンガポール在住中に訪れたサムイ島にすっかり魅せられてしまい、それ以来、タイの自然、お料理、文化、人々・・・が好きになってしまいました。日本帰国後もタイ料理を学び、そこで新たなアジア各国のお料理の美味しさとの出会いがありました。
振り返ってみれば、タイ料理との出会いは「エスニック料理」と言われ始めたバブル期のこと。当時は、噂のレストランがあれば出かけ、夏休みにはアジア各国を旅行したものです。その後しばらくアジア熱は冷めてしまったのですが、シンガポール在住後フツフツと熱が再燃し、アジアのお料理を自分で作ることを覚え、今年には念願のタイ料理プチ留学するまでになりました。
これを機会に「私とアジアにまつわること」「毎日の出会い」をとどめておきたいと思うようになったのです。
新しいことを始めるにはいつも、ドキドキ・・・してしまう小心者の私ですが、今回は「楽しみ」のドキドキが始まりました。どうぞよろしくお願いいたします。